矯正歯科治療|はじめに
  1. ホーム >
  2. 矯正歯科治療|治療の流れと費用

矯正歯科治療

治療の流れと費用

矯正歯科治療の流れ

1) 初診相談

お口の中を拝見し、矯正歯科治療が適切かどうか、治療にかかる大まかな期間・費用をご説明します。相談料は無料です。矯正専門医の担当日に御予約下さい。

2) 検 査

矯正治療を受けることになった患者さんには、精密検査が必要です。パノラマレントゲン撮影・セファロ規格写真・模型・写真撮影など、検査時間は30分程です。費用は必要な検査に応じて2万円~3万円です。
検査資料を分析・解析し、適切な治療方法をご説明します。
この時、セファロ分析をした場合、診断料として2万円必要です。

3) 治療開始

治療終了までの期間、月に1~2回程度のチェックが必要です。

4) 保 定

保 定矯正装置をはずして、リテーナーという保定装置に移行します。保定装置を使用するのは2年程度です。その間、3~4ヶ月に1度のチェックとなります。
(写真は保定装置の一例です。保定装置についてはこちらのページをご覧ください。)

矯正歯科治療にかかる費用

歯科矯正に保険がきかないことは皆さんご存じだと思います。したがって費用はクリニックごとに設定されるのですが、当院は、一般的に安いとされている大学病院等の公共機関の値段を参考にしています。
乳歯が残っている小児期の矯正:30万円、永久歯に交換してからの矯正:60万円を基本にしています。
見えにくい装置や舌側矯正の場合は追加料金がかかります。また、床矯正装置ですむ程度の軽いものであれば6万~18万円程度で終了することもあります。それぞれの場合、月の1~2回のチェック時に3,000円~5,000円必要です。
江黒歯科クリニックにおける歯列矯正は、治療計画書をお渡しする際に総額をきちんとご説明いたします。その際に提示させていただいた費用以外は、治療中/治療後のアフターケアを含め、一切の追加費用はいただきません。治療中に起こりうる再検査や、追加する装置の費用は含んでいますので、ご安心下さい。

術前相談
無料
術前検査
30,000円
デジタルセファロ・パノラマレントゲン・模型診査など必要な検査を行います。
装置料:小児矯正
300,000円  もしくは350,000円
前歯4本と第1大臼歯の位置関係のバランスをとるステージです。マルチブラケット・フェイシャルマスクなど必要となる装置料はすべて含まれます。ブラケットの種類によって+50,000円になります。
装置料:成人矯正
60,0000円  もしくは70,0000円
すべての歯のバランスをとるための処置です。治療期間に必要となる装置料すべてを含みます。ブラケットの種類によって+100,000円になります。小児矯正からの移行される場合は、差額をお預かりいたします。
動的処置料
5,0000円 (月に1度の処置料としてお預かりいたします)
保定装置
7,000円(片額)
保定管理料
3,000円(月額)
ページトップへ戻る